不要なお酒は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2017年12月17日

果たしてお酒買取では二重査定はあるのか

初心者マークにオッケーサイン

買取の業界には、色々と専門的な表現があります。その1つに、二重査定があるのです。それは買い取りの注意点の1つとも言えるでしょう。特に自動車の買い取りを行う時などは、それには注意を要します。そして、それはお酒買取のメリットとも言えるのです。

どういう事かというと、たまに査定額が変わってしまう事もあるのです。当然ですが、買取の為にはお店で査定を受ける必要はあります。もちろん品物の状態は確認してもらう訳ですが、お店から提示された金額に満足できるなら、売却を行う事にはなるでしょう。それで、次のようなパターンがあり得るのです。

例えばある時に、お店による買い取り価格が2万円だと提示されたとします。その価格に満足したので、売却する事にしました。
ところが後日になって、その数字がダウンしてしまう事もあるのです。いざ品物の引き取りをする段階になったら、1万円台などと提示されてしまう事もたまにあります。

これが、いわゆる二重査定です。自動車などではそういう事例がたまに発生していますから、注意を要するでしょう。そしてお酒買取の場合は、そういった状況が殆ど考えられないのです。

なぜ金額が1万円ダウンするかというと、お店によっては2段階で査定を行っています。一旦は引き取った品物を様々な観点から確認してみると、状態に難があると分かったので、査定額が下がることもあるのです。しかし一旦は2万円台で満足したのに、1万円台に下がってしまうのは大変困るでしょう。

お酒買取ではそういうことはほとんどありません。上記のように2万円台と提示された時には、たいていのお酒買取のお店では、ほぼ2万円台に固定される事になります。ですから一旦伝えられた金額で、そのまま売却可能なのです。上記の1万円台の話と比べると、どちらの方がメリットが大きいかは明らかでしょう。

ただしお酒買取のお店でも、ごく稀に上記のような1万円台に下がる事例もあります。様々な事情が関わってきて、価格がちょっと下がる事例も確認されてはいるのです。

しかしそういう時でも、大抵のお酒買取のお店は理由を説明してくれます。お店に問い合わせをしてみると、具体的な理由も細かく解説してくれるので、納得した段階で売却できる事が多いのです。ちなみに上記でも触れた自動車などは、なかなか説明してくれない事もあります。

つまりお酒買取では、二重査定のトラブルが発生しづらい訳です。それは、お酒買取のメリットとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その他ジャンル別買取サイト
引越し

切手

骨董品

アクセサリー

遺品

古銭

ダイヤ

ブランド

時計

着物

毛皮

洋服
ファイブニーズ