不要なお酒は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2017年12月17日

たとえ開封済みでもお酒買取は可能か

古い酒瓶

お酒の価値というのは、やはり味覚などには左右される傾向はあります。このため、蓋が開いているかどうかは1つのポイントになるのです。

そもそもお酒買取のお店としては、やはり価値があるかどうかを確認する事になります。それで上記でも触れた味覚などは、やはり査定基準になる訳です。

このためお酒買取では、フタの開封などは1つのポイントになります。そもそもお酒のビンというのは、必ずしもフタが一度もかけられていないとは限りません。人によっては過去に何か理由があって、フタを開けている事もあるでしょう。

実はそういうお酒は、買取価格が下がる事もよくあります。そもそも蓋が閉められている理由は、もちろんお酒の状態を良く保つ為です。ですから開封済みのお酒などは、ちょっと味が落ちている事もあります。当然それでは、買取価格も下がる傾向はあるのです。

しかし、実はそれもお酒買取のお店次第なのです。というのもお店によっては、たとえ開封済みでも買取を行ってくれるのです。

そもそもお酒の価値というのは、何も液体部分だけではありません。お酒のビンなども、査定基準の1つになるのです。たとえ蓋が開けられているとは言っても、ビン自体は残っているでしょう。ですから一旦は蓋が開けられても、お店によっては買取可能な事もあります。

ただし、それが難しいお店も中にはあるのです。ですからお酒買取では、お店を選ぶ事は大切です。

現にお店によっては、飲み切ってしまったお酒でも買取を行ってくれる事があります。一度はフタを開けて、安全に空になってしまったお酒でも、買取可能なお店もある訳です。ですからフタが開けられたとは言っても、諦めずに査定に出してみると良いでしょう。

また液漏れなどが発生している時も同様です。お酒の保管状態によっては、ビンに傷が付いている事もあるのです。それでビンの中に空気が入ってしまい、中にあるお酒に何らかの影響が生じている可能性はあります。当然そういう製品ですと、やはり買い取り価格が下がってしまう可能性は否定できません。

しかしそういう製品でも、やはりお店によっては対応してくれる事があります。上記でも触れた通り、ビン自体に価値があると見なされるからです。

このようにお酒買取というのは、たとえ液体部分に難がある可能性があっても、売却自体は可能なのです。たとえ開封されていたとしても、取りあえず査定に出してみるのが良いでしょう。ビンが無傷なら、売却が可能な事もよくあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

その他ジャンル別買取サイト
引越し

切手

骨董品

アクセサリー

遺品

古銭

ダイヤ

ブランド

時計

着物

毛皮

洋服
ファイブニーズ